プリントアウトしていただき、ありがとうございます。

TOP / Just A Bullshit!!!!!

<< 1 2 3 4 5.. >>

2011年08月20日

なでしこ気質

昨日のGirls S-CUPもそうですけど、女子格闘技盛り上がってますねぇ〜

ARESとて例外ではなく…

昼練後に自主的に投げ技の練習に取り組み御婦人達↓
image-20110820222219.png











根っからの温室系草食BOYな僕にとっては、いつ襲われるかとも知れない恐怖に苛まれてしまって夜も満足に眠れません…(ノД`)

※決して…使ってたサプリが切れてて、たまたまヒロシに貰ったドーピング剤(戸澤が買った海外産の危険度の高い怪しいブツ)を使用したことによる副作用のせいでは無いと思います(キリッ)











自分が、もし女だったら絶対にこの世界に関わらないでしょうね。…とか言いつつ、娘にはしっかりとやらせるドS親父ですが何か?

今の時代、テメーの身はテメーで守れってね。
お陰様で未だにタイマン勝負を挑まれるみたいですがwww

嫁曰く、ムカついたり腹が立った時に出る口癖が「ブン殴りてェェェ!!!」…らしいですorz

暴力反対。てか親の顔が見てみたい。

posted by kuroki at 22:24 | Comment(1) | Just A Bullshit!!!!!

2011年08月19日

ホームワーク症候群

8月もそろそろ終盤。心なしか陽の傾きも早くなってきてる気が…

image-20110819233306.png

来週からは気温も平年並みに戻るみたいだし、いよいよ秋が近いッスな。











んで。この時期となると、いつの時代も変わらないのが夏休みの宿題に追われる子ども達。

image-20110819233318.png

ARESキッズ達をひとつとっても千差万別。

さっさと終わらせる子もいれば、全く進展していない子もいたりと、やはりその子自身のアイデンティティーが表れますね。

まぁ、判り易いぐらいに普段の練習態度や意識なんかにもよく反映されてますw











そんな子ども達にとって一大事となる夏休みの宿題にまつわる面白い記事を見つけましたよ。

【宿題は8月31日にやる子ほど自信家で時間を有効活用できていることが判明】

ソース↓
http://www.mapion.co.jp/smp/news/column/bs3875901-all/











Active procrastination(積極的先送り)ね。うん、確かに有るかもしれない。

個人的な経験からいえば…

夏休みの最初に、計画的に宿題を終わらせる為のプランを立てるも、計画を立てる事自体が面倒臭くなって最終日の8/31でいいやっ。てなるけど結局やらず…新学期が始まってさすがにやらにゃやヤバイって焦るけど、やっぱりやらず仕舞いで最終的には先生が諦めるか忘れるのを待つってゆースタイルはお勧めしません。

Active feigning ignorance(積極的バックレ)
…ッてね。やかましーわwww

posted by kuroki at 23:36 | Comment(0) | Just A Bullshit!!!!!

2011年08月18日

ミドリなアイツ

普段何気なく食べてるベジタブルさん達。

image-20110818233921.png

特に今みたいな暑い時期は、身体のクールダウンの為に夏野菜を良く食べますよね。

と、まぁここで皆さんに歴史が覆る程の衝撃の事実をぶっちゃける訳ですが、先に言っておきますが…あまりにショッキングな内容なんで心臓の弱い方やベジタリアンの方達には一応注意を促しておきます。











野菜業界の中でも安定したポジションでスタメンの座をキープしているキュウリ氏。

image-20110818233929.png

(この真実を伝えることに対して正直悩みましたが、誰にでも知る権利があるので心を鬼にして記載します)

実は…












ギネスブックに載るほど栄養価が低い。ってかほとんど無いらしいです( ;´Д`)
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/キュウリ

90%が水分なんでそれも頷ける話。

それぐらいならさほど驚くようなものじゃないですが、さらに…

【キュウリにはアスコルビナーゼという、ビタミンCを破壊する酵素が含まれているため、ビタミンCを含む他の野菜や果物と一緒に サラダなどを作ると、これらの栄養まで奪われてしまいます 】

ギャアアアアアアアア((((;゚Д゚)))))))











オレの今までの食生活返せし…orz

何か裏切られた気分ッスよ。この一件以来、露骨にキュウリ氏に対して冷たい態度を取ってる自分がいる…

頭では解ってても気持ちの整理がつかなくてね(そう。決してキュウリさん一方的に悪い訳では無いのだ…)











折角、ここ数年ようやくサラダ捕食率が上がってきてたのに…(単純に旨さに気付いただけ)

それこそ10代の頃は肉を肉で挟んで肉に漬けて食べ、食後に肉でシメる。ッてな雑な食生活だったけど、将来的には菜食主義者になるのもアリかなって思ったところに心をブチ折るこの出来事。

…まだまだ、道程は険しそうです。

posted by kuroki at 23:40 | Comment(3) | Just A Bullshit!!!!!

2011年08月17日

今週の1枚【88】

ンナァァ暑い。夏も終盤に差し掛かろうとしてんのに気温は一向に高いまま…

こんな日はキンキンに冷えたコーラにがっつきたくなりますね。






まぁそんなことはさておき、先日のサマソニでも来日していたUK初5人組新人バンドのONE NIGHT ONLY。

image-20110817164144.png

今回はそんな彼らのバンド名と同名義となるセカンドアルバム"One Night Only"を紹介します。

image-20110817164152.png






トラックリスト↓

01) SAY YOU DON'T WANT IT / セイ・ユー・ドント・ウォント・イット
02) BRING ME BACK DOWN / ブリング・ミー・バック・ダウン
03) CAN YOU FEEL IT / キャン・ユー・フィール・イット
04) FORGET MY NAME / フォーゲット・マイ・ネーム
05) CHEMISTRY / ケミストリー
06) NEVER BE THE SAME / ネヴァー・ビー・ザ・セイム
07) ALL I WANT / オール・アイ・ウォント
08) GOT IT ALL WRONG / ゴット・イット・オール・ロング
09) ANYTHING / エニシング
10) NOTHING LEFT / ナッシング・レフト
11) FEELING FINE / フィーリング・ファイン
12) CAN'T STOP NOW / キャント・ストップ・ナウ
13) JUST FOR TONIGHT / ジャスト・フォー・トゥナイト
14) HURRICANE / ハリケーン
15) CAN YOU FEEL IT―Bilingual Version / ひとつになれ〜キャン・ユー・フィール・イット*
16) CAN YOU FEEL IT―Acoustic Version /
ひとつになれ〜キャン・ユー・フィール・イット―Acoustic Version*日本盤ボーナス・トラック






勘の良い人なら、初めのコーラのくだりで既に感付いてたもしれないですが…

ワン・ナイト・オンリーといえば、コカコーラのキャンペーンソングとしてCM等でも流れてる抜群にノれる一曲=Can You Feel It。

国内盤では原曲、バイリンガルVer、アコースティックVerと3曲収録。聴き比べもできます。

オリジナル↓
http://www.youtube.com/watch?v=ik-CmyHyK0c&feature=youtube_gdata_player

バイリンガルVer.↓
http://www.youtube.com/watch?v=hcPLrv2zPtc&feature=youtube_gdata_player

個人的には、途中日本語で歌う都合でどうしても言葉のリズムが崩れるバイリンガルVer.よりオリジナルの方がスムーズに耳に入る。でも日本語のリリックもえぇ事言ってますよ。






んで、他には前作に収録されてたヒットシングルのJust For TonightやSay You Don't Want Itなんかも収録済み。

今作を皮切りに本格的に売り出していくみたいッスね。ルックスも良いし日本人ウケ良さそうなんで是非チェキってみて下さいな。











P.S 全然関係無い話ですが、大々的に売り出され多くのひとが飲んでると思われるコーラなどに代表されるゼロカロリー系炭酸飲料。

カロリーがゼロといっても全く0iじゃない。ってのは周知の事実ですが…

実はゼロ系飲料に砂糖の代わりとして含まれている人工甘味料のアスパルテーム。これの働きが副作用として通常の炭酸飲料よりもより太りやすい体質をつくってしまうみたいです。

http://rocketnews24.com/2011/06/30/108630/

それを信じて飲んでた数多くのダイエッター達。意味ねぇ〜

それに付き合わされてオレ…意味ねぇ〜orz

posted by kuroki at 16:42 | Comment(0) | Just A Bullshit!!!!!

真夏の大作

この連休で遂に観てきましたよ【TRANSFORMERS/ダークサイドムーン】

image-20110817001142.png

公開当初の世間的な盛り上がりに流されず、客観視して本作を観たかったという勝手な理由付けで自分を納得させ、少し間を空けてようやく鑑賞(ただ単に時間が無かったともいうが…)

この日の為に、予めマックのハッピーセットでオプティマスとバンブルビーを揃えていたオレに死角はなかった(キリッ)

image-20110817001235.png

て事で個人的な感想をば少しばかり…(※以下ネタバレ注意)












シリーズ初となる3D作品として制作されただけあって映像技術や視覚効果がマジでパネェ。

2時間半に及ぶ長丁場でも時間を感じさせずあっちゅー間にエンドロール。

前作だとロボット達の変形シーンがゴチャゴチャしとったのが、今作ではスローモーションを多用したおかげかスッキリと見れた印象。











で、肝心のストーリーの方はというと…(ここは少し熱く語らせてもらいますよ)

先ず気になったのが戦闘シーン。

いかにもアメリカ人が好きそうな判り易いぐらいの勧善懲悪さ加減。とにかく、オートボット側がディセプティコンのロボットを破壊するシーンがエグい。

目玉引っこ抜くし、口から血反吐(正確にはオイル)吐かせるし、頭から脊椎引っ張り出すしで悪に対してやたらと容赦せずエゲツない。

とはいえ、そのディセプティコンも終盤のシカゴを占拠するシーンでは今まで描かれてこなかった人間に対する攻撃が結構残虐。

image-20110817001300.png

image-20110817001313.png

これまたさすがにワルモノ。











そして、毎回楽しみな新キャラクター登場。

なんとオートボット勢はナシ(サポートキャラは若干増えてたけど)

オイオイ、こんなんで勝てんのかよと。まぁそこは多勢に無勢でも勝っちゃうのが正義な訳で…(それを言っては終わっちゃうけどもw)

その分、人間達が活躍するってゆー伏線にもなってるけど。

image-20110817001547.png











一方のディセプティコン側は今回もこれまた惜しみなく新手が登場。

サイコーにカッケーのがワーム型マシンのドリラーを操るディセプティコン防衛参謀(ていう設定らしい)のショックウェーブ。

image-20110817001328.png

別アングル

image-20110817001344.png

シリーズ通しても珍しい隻眼型ロボット。ザクとかドラクエのギガンテスを連想させる圧倒的な存在感がヤベェ。オプティマスも警戒するぐらいの実力者だし。

何しろ一つ目という凶悪なルックスに、右手に巨大な大砲ってのが男心をくすぐりまくる。

前作でも鉱山現場の重機が何台も合体して、デバステーターが登場してきた時も興奮したなぁ…

image-20110817001401.png

瞬殺されてたけどwww











今まではオレの中で、F-22ラプターに変形するディセプティコンNo.2のスタースクリームが一番クールだったけど…

image-20110817001418.png

作を追う毎にゴマすりと卑屈な性格が露呈し今作に至ってはオートボットでなく人間にヤられるというクズっぷりにドン引き…見た目だけだなアイツ。












からの、ディセプティコンの首領メガトロン。

image-20110817001432.png

前作からのダメージをそのまま引きずり損傷だらけの身体、その傷を隠すかのように羽織ったマントが哀愁を漂わせる。てか、もうこの時点で敗戦フラグ立ち過ぎ。

ロクな戦闘シーンもなく、復活したセンチネルに主導権を奪われ…かと思えばそれを人間の小娘に指摘され、アホみたく急に反旗を翻し不意討ちを仕掛けたと思ったらオプティマスに休戦を持ちかけ、まさかのドリームタッグ!?…になる訳もなく案の定断られて頭潰されヤられる。…ってどんな終わり方だよ。ザコキャラ扱いじゃん。









それと、オートボット側でいえばチーム内火力最強のアイアンハイドがヤられたのにはショックだったね。ただそれだけ。

それより登場人物でいえばニューヒロインのカーリー(ロージー・ハンティントン・ホワイトレイ)ちゃん。

image-20110817001453.png

前2作でヒロインだったミーガン・フォックスも良かったけど、オッサン的にこっちのが好み。てか、いくら映画とはいえこんな美人ばっかにモテるサムが許せん。

サムといえば、夫婦漫才でお馴染みのサムの両親。前作に比べれば登場シーンは少なめだけど相変わらずの下ネタ炸裂ッぷり。製作サイドはこの二人を主役にしてスピンオフ作品を作るべきw









とまぁ、気付いたら夢中になって長々とトランスフォーマーに対する情熱を書いちゃったけど自分の評価としては1≧3=2かなぁ〜と。

1作目は当然未体験故に度肝抜かれたけど2、3作目だと慣れと過剰な期待で予想の範囲を脱することは正直無かったッス。






もし、また作るのなら続編ではなくシリーズゼロ系。つまり1作目より前の世界観の描写が観てみたいと軽く提案してみたりする…

この手の洋画を観ると必ずといっていいほどエンドロールで邦人の名前を探し、見つけるとひとり誇らしくジャパニーズプライドで悦に浸るのってオレだけ?

なにはともあれ、小学3年生ぐらいのメンタルで観るのが一番楽しめるね。

posted by kuroki at 00:17 | Comment(0) | Just A Bullshit!!!!!

<< 1 2 3 4 5 .. >>

最近の記事

[08/29] お知らせ

[08/27] 出稽古

[08/25] 試合情報

[08/24] Just Drink It!!!

[08/21] ラストサマー

最近のコメント

[08/27] 出稽古 by ゼブラ (08/27)

[08/24] Just Drink It!!! by ゼブラ (08/24)

[08/22] ミドリなアイツ by オズワルド (08/22)

[08/21] なでしこ気質 by ゼブラ (08/21)

[08/19] ミドリなアイツ by クロキ (08/19)

<< 2011年08月 >>

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

 

 

 

QRコード

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。